腕時計どこで買う?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実店舗

正規販売店(百貨店の時計売り場など)

特徴

正規販売店の場合は基本的に値引きなどはなく定価での販売になりますが、店頭に無い商品も取り寄せ可能な場合もあります。

メーカーと繋がりがあるため修理に出す場合やベルトの取り寄せなどもスムーズにできますし、高額な時計だと正規販売店で購入された方が安心と言う方もいると思います。

注意点

正規販売店であれば、修理が必要になった場合や、電池交換もその販売店からメーカーに出してもらうことはできますが、メーカーで電池交換すると納期も2週間くらいかかり、金額も最低2000円ほどかかります。

少しでも安く済ませたい時や、時間がない時にその販売店でも修理や電池交換はしてもらえるか、確認しておいた方が良いと思います。

保証期間、保証の範囲、電池交換(クォーツ)が必要になった時の料金や期間も確認しておきましょう。

価格は定価になりますが、高額な腕時計を安心して購入でき、アフターサービスもしっかりしてほしいなら正規販売店をオススメします。

量販店(家電量販店の時計コーナーなど)

特徴

正規販売店より安く買え、店によっては時計屋よりも多くの種類の腕時計を揃えていたり、色々なブランド、メーカーの時計を見比べて買うことができます。

色々と見て決めたい場合は量販店を利用するのもいいと思います。

注意点

修理が必要な場合、量販店からもメーカーに出せるものもありますが、平行輸入品などは輸入業者に出すことになり、ベルトの取り寄せなどは難しい場合もあります。

メーカーやブランドによって違うので店員さんに確認しておいて下さい。

保証期間、保証の範囲、長く売れずにあった時計は買ってすぐに電池切れになることもよくあるので、その場合の電池交換代なども確認しておくといいと思います。

ネットなど通販

通販

特徴

できるだけ安く買いたい場合や、近くの店に欲しい腕時計が無かった場合は、在庫を持っている店を見つけやすいです。

注意点

実物を見て買えないので事前に下調べが大切です。金属ベルトのモデルはサイズ調整が必要になると思うので、サイズ調整はどうするか確認が必要です。

電池式(クォーツ)は購入後すぐに電池が切れてしまうことがあります。もしすぐに止まった場合はどうすればいいか確認しておいて下さい。

もし購入時にあらかじめ電池交換もしてもらえるようなら、しておいた方がすぐに止まった時に送り返すなどの手間も省けます。

その場合、すぐに止まった時は機械の不良の可能性が高いと判断しやすい利点もあります。通販の場合は特に保証期間、保証の範囲は確認して下さい。

通販で買った時計がすぐに止まった、という話もよく聞きます。そういった場合の対応や送り先、保証期間などを忘れず確認してくだい。 
 
 

オークション

特徴

今はオークションで腕時計を買われる方も多いと思います。一つ前のモデルなどになるとかなり安く買えたりします。

オークションでも未使用のものもよく出品されているので、最新モデルにこだわりがなければ状態の良いものを安く買えるので利用してもいいかもしれません。

昔の高額なモデルが安く買える場合もあります。

注意点

ネットオークションも実物を見て買えませんし、しかも落札した相手が個人なら保証もないものがほとんどです。

時計の状態も写真では正確にわからなくて商品が届いて後悔することもあると思います。中古であれば、メンテナンス歴や電池交換の時期、キズの状態など納得いくまで質問してから落札して下さい。

海外

特徴

日本で買うより安く買えたり、日本未発売の海外モデルなどが買えたりすることもあります。

注意点

海外で買う場合はコピー品を買ってしまわないように注意して下さい。時々、コピー品でも出来が良ければコピーとばれないからとか、コピー品でも安ければと言って買ってしまう方がいますが、コピー品は基本的に修理してくれるところがありません。

電池交換もサイズ調整も断られるので、すぐに使えなくなってしまうかもしれません。わかっていてコピー品を買うのはやめた方がいいです。もし海外で買う場合は騙されないように、信頼のおける店で購入して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加